睡眠

寝苦しい夏の夜を乗り切る快眠法

夏は眠りが浅く、朝早く目覚める 蒸し暑く寝苦しい季節―夏。なかなか寝つかれない上に、エアコンのかけすぎなどで、体がだるく、体調がすぐれないのもこの季節です。 夏は日の出が早いので、強い光、急激な温度上昇、鳥の鳴き声など、外界の刺激量が増えま…

快眠と快眠グッズ

寝室の照明はほのがな光がふさわしい

ペッドまわりの照明は30ルクスが適当 寝室の照明は30ルクスが適当であるといわれています。30ルクスは、ベッドやふとんまわりに置いてあるスタンドの切り替えスイッチをいちばん弱くしたときと考えてください。階段や廊下に必要な明るさが50ルクスで…

快眠と快眠グッズ

ぐっすり眠れる寝室の広さと位置

多目的に利用される寝室 寝室は疲れた体と神経を体め、明日への活力をつくり出す場として、生活に欠かせないスペースです。また、ただ眠るだけの空間でなく、読書をしたり、音楽を楽しんだり、あるいは書斎代わりにと、多目的に使っているのが現実でしょう。…

快眠と快眠グッズ

年齢によっても眠りが違う

赤ちゃんの眠りはたっぷりぐっすり型 赤ちゃんの睡眠の特徴は、眠りと目覚めに一定のリズムがなく、レム睡眠が全睡眠時間の半分を占めていることです。生まれたばかりの赤ちゃんは1日の65から70%(16から17時間)にあたる時間を眠って過ごします。…

睡眠の基礎知識

体温と睡眠と目覚めの関係

眠りと目覚めにはリズムがあった 私たちは朝になると目覚め、夜になると眠るということを自然に繰り返しています。これは私たちの体には時計と同じように生活のリズムを刻む”体内時計”が備わっているからなのです。 体内時計が、…

睡眠の基礎知識

睡眠と成長ホルモンの関係

子どもは眠っている間にグングン育っている 私たちの体内にはさまざまなホルモンがあって、体や精神の活動を調整する働きをしています。睡眠中にもホルモンは分泌されていますが、その代表が成長ホルモンです。 成長ホルモンはノンレム睡眠の第3、第4段階…

睡眠の基礎知識

眠りのサイクルを知ってよく眠る

脳波で眠りの状態がわかる 私たちが眠っている間の状態を知るのに、最も多く使われているのは、脳波の記録です。脳波は、大脳皮質から生じる交流電圧ですが、脳の活動段階に応じて特有の波形があります。 眠りには決まったサイクルがある 睡眠はごく浅い眠…

睡眠の基礎知識

なぜ人間など動物は寝るのか?

脳が疲労して眠くなる 人は人生の3分の1を睡眠に費やすと言われています。70歳まで生きたとして睡眠時間は約20万時間、それを惰眠するか、充実したときにするかは、眠りの質に大きくかかわってきます。 それにしても、私たちがこんなに膨大な時間を捧…

睡眠の基礎知識