質のいい眠りのために > 睡眠の基礎知識 > 宇宙空間での睡眠時間と体内リズム

宇宙空間での睡眠時間と体内リズム

1990年12月、日本人として初めて宇宙を体験したTBSの秋山豊寛氏は、宇宙空間での眠りについて、地上との交信で次のように語っています。「非常によく眠れます。眠っているままのほうが気持ちいいって感じなのです。」

無重力の中で漂いながら眠る

ソユーズの環境は気温20度、湿度60%。眠るときは、「そのまま空中に漂いながら目をつぶっていればいいが、夜中にちょっと寒気がしたため、寝袋の中で、みの虫みたいに端っこだけ気体に縛り付け、漂わないようにしながら寝ました。」と語っています。

スペースシャトルでは操縦室の下のミッドデッキという居住スペースに設置された3,4段の簡易ベッドで宇宙飛行士たちは眠ります。そこに寝袋と枕が固定されていて、さらに体を固定できるベルトが付いています。気温は21~25℃、湿度は30~50%。気流がないので、常にファンを回して空気を攪拌しているため、その音は結構大きいそうです。

睡眠時間と体内リズム

宇宙での睡眠時間は約8時間。ソ連の場合はピューストン時間を宇宙生活の基準にしています。昼夜に関係なく、宇宙船に乗り込む前の現地時間に合わせ、そのときのリズムで睡眠をとっているのです。ちなみに宇宙飛行士は、宇宙に旅たつ1週間前から昼と夜を逆転させた生活をしているそうです。



キーワード