質のいい眠りのために > 睡眠の基礎知識 > 体温と睡眠と目覚めの関係

体温と睡眠と目覚めの関係

眠りと目覚めにはリズムがあった

私たちは朝になると目覚め、夜になると眠るということを自然に繰り返しています。これは私たちの体には時計と同じように生活のリズムを刻む”体内時計”が備わっているからなのです。

体内時計が、一定のサイクルで眠りと目覚めを繰り返す周期的なリズムを「日周リズム」とか「サーカディアンリズム」といっています。

1日は地球の自転周期に基づいて24時間周期になっていますが、体内時計はそれより長く、およそ25時間周期になっています。

夜と昼の区別のない、完全に社会から隔離された環境で暮らしたら、25.2時間周期で眠りと目覚めを繰り返したという実験の報告があります。

脳が体内リズムをつくっている

体内リズムをつくっているのは、脳の中にある視床下部といわれている部分です。

視床下部前部に眠りを誘発する睡眠中枢があり、また、後部には目覚めをもたらす覚醒中枢があります。体内時計もこの部分が司っています。この2つの部分の働きで、眠ったり目覚めたりする1日のリズムができているのです。

体温も体内時計で制御

私たちの体は太陽が出ている日中は体温も上がり、夜の睡眠中は下がるというリズムを規則正しく繰り返しています。このリズムをつくっているのが体内時計です。

このように、人も含めたほとんどの哺乳動物は、昼間目覚めて多量の熱を産生し、夜は眠って放熱量を減らすという生活を行っているのです。

生活リズムを正すとぐっすりと眠れる

毎日規則正しくサーカディアンリズムにしたがって生活をしていれば、体も順調に機能し、健康に暮らしていけるはずなのに、私たちはときどきそのリズムを乱します。

遅くまで夜更かしをすると、翌朝は眠くて起きられません。寝坊をすれば、その日の夜は寝つきが悪くなってしまいます。

あなたが夜寝れないで悩んでいるなら、まずは生活リズムの点検をして見ましょう。毎日朝はきちんと起きていますか。夜は決まった時間に寝床に入っているでしょうか。

ぐっすり眠ってさわやかに目覚めるには、自分の眠りと目覚めのリズムをいつも一定にすることが大切です。



キーワード