質のいい眠りのために > 快眠と快眠グッズ > 安眠効果があるといわれる民間療法

安眠効果があるといわれる民間療法

昔からの経験から生まれた療法

やけどをしたときには、ジャガイモのすりおろしたものをすぐつけると治るなど、昔からいい伝えられてきた民間療法がたくさんあります。いわば、「おばあちゃんの知恵」です。近代医学のようなはっきりした効果の裏づけは少ないものの、災い経験の中から生まれた民間療法は一度は試してみたいものです。

やはり昔から不眠症の人がいたのでしょう。眠りを誘うためのさまざまな民間療法も伝えられています。

シソの茎・実・葉

シソの茎や実、葉には解毒、健胃、発汗解熱、鎖咳作用があることが知られています。漢方では、葉の部分を「蘇葉」といい、実の部分を「蘇子」といいます。

シソには紫ジソと青ジソがあり、栄養的には紫ジソのほうが優れているのですが、安眠効果にはさほど差がありません。安眠作用を働かせるためには、葉か実をせんじて、就寝前(約30分)に飲みましよう。

紫ジソ酒

まず水けを収るために、紫ジソの葉200gを半日ほど陰干しします。びんに焼酎1 8Lいと氷砂糖200gを入れ、シソを加えます。3か月ほど漬けこんだら、シソを取り出します。これを梅酒と同じ要領でそのまま水で割って飲みます。

青ジソ茶・青ジソ酒

青ジソはシソの一種で中国からやってきたものです。通常は大葉といわれています。葉を陰干しにして、パリパリに乾いてきたら、手でもみほぐ
します。あとは緑茶と同じように急須に入れて熱湯を注いで飲みます。青ジソ酒は、びんに日本酒か焼酎を入れ、約半分の量の青ジソを加えます。1~2か月たったら、こして飲みます。いずれも寝る前に飲むと効果的です。

桑の実や葉・クチナシの実

桑の実15g、または桑の柴10gを500ccの水で煮ます。約半分まで煮詰めたらでき上がり。この3分の1の量を1回分として寝る前に飲みます。
 クチナシの実(10g)も同様にして飲むと効果があります。

クコ酒

クコの赤い実を使ってつくりますが、漢方の薬局ではクコシという名前で売られています。1.8Lの焼酎、300町の氷砂糖といっしょに200gのクコシを漬けこみます。約2か月たったら完成です。

細かい浮遊物があるため、こしてから飲みます。1回に飲む量は約30ccくらいが適量です。

菊花酒

美しい花は観賞用だけであまり食用にはしないものですが、菊は、おひたしにしたり、天ぷらにしたり、料理の用途も広い花です。

ちょっと苦みがあるところが食欲増進に役立ちます。菊は頭痛や高血圧、目の疲れなどにも効果的といわれています。菊の花300gを1Lの焼耐と200gの氷砂糖で漬けこみます。3週間ほど漬けこむと飲めるようになります。

また、菊の花びらを干して、枕の中に忍ばせておくだけでも安眠効果があります。

オニノヤガラ酒

漢方ではオニノヤガラの根茎を天麻といってよく使います。水洗いして1か月ほど干して、1.8Lの焼耐に対してオニノヤガラ200gの割合で約1
年漬けこみます。小さじ1杯程度にお湯を注いで、寝る前に飲みます。

スイカの種

スイカを食べたときに種を収っておきます。約10gをフライパンでいり、水500ぼを加えて煮ます。半分くらいまで煮詰めたらさまします。この1/3の量を1回分として寝る前に飲みます。

ユリ根

ユリ根は漢方では鱗茎と呼ばれ、鎮静作用、滋養強壮作用があるといわれています。また、せきやたんを収る働きもあります。アルミホイルにユリ根(5~10g)を置き、ハチミツを小さじ1~2杯たらして、ホイルで包みこんで柔らかくなるまで蒸します。就寝前にこれを食べます。ハチミ
ツはブドウ糖、果糖のほか、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養がバランスよく入っている食品です。ユリ根の鎮肺作用とハチミツの栄養
が細み合わさってよりよい安眠効果が得られます。

長ネギ・ニンニク・タマネギ

ネギの肖い部分や白い根には、硫化アリルという物質が介まれていて、疲労回後や精神安定に効果があるといわれています。そして、体を温めるといわれている味噌とネギを合わせたのが「ネギ味噌湯」です。刻んだネギの上に味噌をのせ、上から熱湯を注いで飲みます。ネギの代わりにニンニクやタマネギでも同様の効果が得られます。

フランスでは眠れない夜にはタマネギのみじん切りを枕元に置いておきます。タマネギに含まれる硫化アリルは目に入ると涙が出るほど刺激の強いものですが、その香気が神経のイライラを抑える鎮静剤になるのです。

レタス

レタスは古代ギリシャ・ローマ時代からすでに催眠効果のある野菜として知られていました。ローマ帝政期の将軍で偉大な学者であった大プリ
ニウスは、「ブラックレタスの中には眠りを誘う物質を豊富に介むので、小さなケシと呼ばれることがある。もちろん、すべてのレタスがこの働き
をもっているが……」と記しています。西洋で行われる民間療法では、レタス適量をスープで煮こんで食べます。韓国の料理で使われるサニーレタスやチシャも同様の効果があります。 



キーワード