質のいい眠りのために > 快眠と快眠グッズ > 適切な温度と湿度が安眠を誘う

適切な温度と湿度が安眠を誘う

季節に応じた温度・湿度調整を

寝室は暑すぎても、逆に寒すぎても、熟睡はできません。この項では理想的な寝室の温度、湿度について、季節に分けてお話ししましょう。

春・秋

室温は20度を基本にして、その日の気象状況や自分の体の状態に合わせて、2度くらい上げ下げさせましょう。湿度は60パーセント程度が理想です。春、秋とも比較的過ごしやすい気候が続きます。あまり、温度、湿度に敏感にならなくてもよいでしょう。

室温は25度を基本にして、同じく2度くらい調整します。湿度は60パーセントくらいがさわやかに眠れます。

いくら、暑いからといってひと晩中クーラーや扁風機をつけっぱなしにしたり、窓を開け放したままにしておくことは、健康にとっては望ましい
ことではありません。気温は朝方低くなりますので、体がだるくなったり、寝冷えや夏かぜの原因にもなります。

とくに寝具に横になったら、クーラーや扇風機が体の一部分に集中的にあたるような使い方は避けるぺきでしょう。

夏は額の温度を下げる

夏には部屋全体の温度を下げるより、代わりに額の部分の温度を下げたほうが眠りやすいという報告もあります。暑すぎて眠れないときは氷のうや蓄冷剤(不凍ゲル)で額を冷やすなど工夫しましょう。

ただし、タオルなどを敷いたり、巻いたりして直接肌にあたらないようにします。

冬は足を温めるとよく眠れる

室温は15度を基本にして±2度とします。湿度は60パーセントが理想です。

真冬日といわれている1日の最高気温が0度未満の日は夜間も冷えこみます。寒いからといって、暖房器具で部屋を温めすぎると、かえって寝苦しくなります。寝室内でガスや石油ストーブを使ったら、寝る前には換気をします。

冬にはとくに足を暖めるとよく眠れるという研究結果も出ています。あんかや使い捨てカイロなどを用意しておくと便利です。ただし、足に直接あたると、低温やけどをする恐れがあります。足元から最低10~15cmくらい離して使いましょう。

また、乾燥した室内に長くいると、肌がかさついたり、喉が痛くなります。加湿器を用いたり、ぬれタオルを窓辺につるしておくだけでも乾燥を防ぐことができます。その場合も湿度は60パーセントを目安にします。 



キーワード