質のいい眠りのために > 快眠と快眠グッズ > 寝室の照明はほのがな光がふさわしい

寝室の照明はほのがな光がふさわしい

ペッドまわりの照明は30ルクスが適当

寝室の照明は30ルクスが適当であるといわれています。30ルクスは、ベッドやふとんまわりに置いてあるスタンドの切り替えスイッチをいちばん弱くしたときと考えてください。階段や廊下に必要な明るさが50ルクスですから、それよりもずっとほのかな光、それが安眠できる寝室の明るさです。

枕元にスタンドを置く場合、光が直接目に入らないように、笠の角度を変えて遮光します。

なかには、真っ暗だと不安でかえって寝つかれないという人もいます。その場合は間接的に光があたるように、寝室のドア近くにダウンライトやフットライトをつけ、ひと晩中そのままの状態にしておきます。また、窓辺から入ってくる外の光が眠りの妨げになるという人は、ブラインドや遮光カーテン、厚手のカーテンなどで光を遮る工夫をしましょう。

覚醒効果がある太陽の光

いま、医療の現場では睡眠障害のある患者の治療に光療法が行われています。これは3000ルクスの太陽光線に似た人工的な光を患者にあてて、睡眠のリズムを正常に戻すという治療法です。太陽の強い覚醒作用を利用した光療法はかなりの治療効果をあげています。

少し睡眠のリズムが乱れたと感じたら、光を利用して、眠りについたり、目覚めさせるという工夫をしてみましょう。夜は30ルクスの照明で眠りにつき、朝は起きたらすぐに窓を開け、太陽の光を浴びて、すっきりと目覚める―これを4、5日くらい続けると睡眠のリズムも戻ってきます。



キーワード