質のいい眠りのために > 快眠と快眠グッズ

快眠と快眠グッズ

気持ちを鎮め、眠りを誘う快眠グッズ

安らかに眠るには、心を落ち着かせ、ゆったりとした気分でいることが大切です。心からくつろいでいると、リラックスした状態になり、右脳からアルフア波が出てきます。ここではリラクゼーション効果の高いといわれている快眠グッズを紹介します。眠る前のひと…

快眠と快眠グッズ

寝苦しい夏の夜を乗り切る快眠法

夏は眠りが浅く、朝早く目覚める 蒸し暑く寝苦しい季節―夏。なかなか寝つかれない上に、エアコンのかけすぎなどで、体がだるく、体調がすぐれないのもこの季節です。 夏は日の出が早いので、強い光、急激な温度上昇、鳥の鳴き声など、外界の刺激量が増えま…

快眠と快眠グッズ

冷え症で眠れない女性の方へ

寒い夜にふとんに入っても、足が冷えてなかなか眠れないという経験はありませんか。さまざまな体の不調を訴える「不定愁訴症候群」の症状の中に冷えがありますが、これは病気とはいえないものです。 冷え症は何が原因で起こるものか 人間の体の動きを支配す…

快眠と快眠グッズ

安眠効果があるといわれる民間療法

昔からの経験から生まれた療法 やけどをしたときには、ジャガイモのすりおろしたものをすぐつけると治るなど、昔からいい伝えられてきた民間療法がたくさんあります。いわば、「おばあちゃんの知恵」です。近代医学のようなはっきりした効果の裏づけは少ない…

快眠と快眠グッズ

不眠症には漢方薬も効果がある

生薬からつくられる漢方薬 漢方薬は、3世紀初頭の中国で張仲景によって著された『傷寒論』を集約した『神農本草経』に基づいて処方された生薬です。 現在の西洋新薬が化学的につくられるのに対して、漢方薬は植物の樹皮や根などのほか、動物、鉱物を用いて…

快眠と快眠グッズ

よく眠るための食事のとり方

食事時間にも気を配る 昼ごはんを食べた後、眠くなってきてしまって、ちょっと昼寝でもしたいなあなどと思うことはありませんか。これは、空腹というストレスが解消されたことと、午後1~3時にかけては、覚醒度が低下する日周リズムとが重なるためです。で…

快眠と快眠グッズ

ナイトキャップはほろ酔い程度に

ビールなら中びん1本が適量 寝る前にちょっと一杯―欧米では、ナイトキャップといって一般的な風習になっています。確かにアルコールには、大脳皮質の働きを低下させ、精神の緊張をほぐし、寝つきをよくする作用があります。 ただし、むやみにたくさん飲ん…

快眠と快眠グッズ

リラックスできる入浴は最適の入眠方法

ぬるめの湯にゆつくり入る よく眠るための入浴のしかたは、寝る直前に37~40度のぬるめの湯に20分前後、時間をかけてゆっくりと入ることです。血液の循環をよくし、筋肉や関節の緊張をほぐし、新陳代謝を促し、内臓の機能を高めてくれます。 ぬるめの…

快眠と快眠グッズ

騒音を防いでぐっすり眠る方法

ふとんに入ると気になる音がある 人は安静時にリラックスしたり、集中しようとしたとき、音に敏感になります。それで、寝るときになると起きているときには気にならなかった 小さな音が気になり始めるのです。 一般に男性よりも女性、また、高齢者のほうが…

快眠と快眠グッズ

適切な温度と湿度が安眠を誘う

季節に応じた温度・湿度調整を 寝室は暑すぎても、逆に寒すぎても、熟睡はできません。この項では理想的な寝室の温度、湿度について、季節に分けてお話ししましょう。 春・秋 室温は20度を基本にして、その日の気象状況や自分の体の状態に合わせて、2度…

快眠と快眠グッズ


1 / 212