質のいい眠りのために > 寝具の選び方 > 抗菌防臭加工は清潔さの代名詞

抗菌防臭加工は清潔さの代名詞

寝具から細菌をシャットアウト

ふとんやカバーリングなどの寝具には「抗菌防臭加工」という表示がされているものがあります。これは清潔度が高い寝具であることを保証する表示ですが、言葉だけがひとり歩きして、実際のところ、どんな加工が施されているか、知っている人は少ないでしょう。

私たちの体は毎日新陳代謝を繰り返しています。とくに就寝中は人量の汗をかきますし、寝具には体のあかや汚れも付着します。ここから微生
物が繁殖し、数を増やして、においを発生することにもなります。細菌が分泌する有機酸やアミン類がにおいの原因になるのです。

「抗菌防臭加工」はこうした徹生物の増殖を抑制したり、殺したりするための加になのです。

洗濯しても効果は持続

「抗菌防臭加工」の方法には次のようなものがあります。

  1. 繊維の糸の中に銀、亜鉛、銅などの金属を付着させたゼオライトを抗菌剤として練りこむ方法。
  2. 有機シリコン第4級アンモニウム塩などの抗菌剤をすでにでき上がった繊維に施す方法。

「抗菌防臭加工」は毒性試験や皮膚試験で間題がなく、安全性が確認されています。また、洗濯をしても、洗い流されてしまうことが少なく、効
果は長続きします。ぐっすり眠るためには、清潔な寝具で眠ることは最低限の条件です。ふとんを干す時間がない共働きの家庭などには、「抗菌防臭加工」寝具はおすすめです。

取り扱いは絵表示を見て

「抗菌防臭加工」のされた製品を洗うときは取り扱い絵表示にしたがいましょう。また、クリーニングに出すときは、加工してあるということをお店にきちんと伝えてから出しましょう。取り扱い表示が製品に縫いつけてないものが多いので、注意が必要です。

SEKマークは、繊維製品衛生加工協議会【SENI SEIHIN 】(SEI KAKOKYOGIKAI )の頭文字を取ったものです。



キーワード