質のいい眠りのために > 寝具の選び方 > タオルケットはどんなものを選べぱよいが

タオルケットはどんなものを選べぱよいが

タオルケットは季節を問わす活躍する

タオルケットは素材やデザインが豊富になって、夏場ばかりでなく、オールシーズン大活躍します。刺しゅうやレースが施されていたり、きれ< いなパステルカラーやビビッドカラーなど色も豊富です。ふとんのようにメーンで活躍するよりは、ナイトライフのアクセントとして何枚か用意
して、楽しみたいものです。

織り方や加工のしかたで吸水力に差が

タオルケットは織り方や加工のしかたによってさまざまな表情が生まれます。

タオルケットといえば、吸水性の高い綿のパイル織りが主流ですが、最近はマイヤー編みのタオルケットに人気が染まっています。

パイル織り

表も裏も糸が輪になっている、顔や体をふくタオルでおなじみのタイプ。汗や水分を吸収する力は抜群で、さらっとした肌触りが特長です。パイルがそろっているものがよい品質ですから、パイルの状態をよく確かめてから購入しましょう。

シャーリング加工

パイルの表面をカットしたもので、ソフトな感触が魅力です。また、美しい色柄を表現しやすいこともあり、デザイナーズブランドに多くみられます。しかし、パイル地と比較すれば、吸水力が小さくなるのは避けられません。

マイヤー編み

マイヤー編み機で編んだもので、織りのタオルケットの「パイル抜け」の欠点をカバーした製品です。反面、洗濯すると、多少毛羽が落ちやすいという短所もあります。値段も高めでしたが、生産効率が向上したので、徐々に割安になってきました。寝室を彩るインテリアとして、季節に応じて変えてみるのも楽しいのではないでしょうか。

タオルケットの手入れ法

タオルケットは青や黄など鮮やかな色を使っているものもあり、洗濯するときに色落ちすることがあります。洗濯はほかのものと分けて洗い、すぐに干します。水を含んだまま、放置しないようにしましょう。色落ちも、最初の数回だけで後は徐々に落ち着いてきますが、色の薄いものとは別にして洗ったほうが無難です。

ものによっては洗濯すると毛羽抜けしたり、多少縮む場合もありますが、タオルケットは汗の吸収率が高いので、洗濯はまめにして、清潔に保ちたいものです。パイルの長い厚手のものは、なかなか乾かないことがあります。十分日に干して、すっかり乾ききってから取りこみましょう。 



キーワード