質のいい眠りのために > 寝具の選び方

寝具の選び方

べットライフを快適にする

ベッドパッドは汗を吸収する役目 ベッドパッドはベッドの上に敷く薄いふとんで、汗を吸収する役目をします。綿、右に色、羽色などの素材でできたものが~流ですが、抗菌・防臭・防ダニ加工の製品も販売されています。パッドもときどき乾燥させる必要がありま…

寝具の選び方

ベッドを選ぶ基準とは

快眠できるベッドの大きさと室内のレイアウト ベッドのサイズはシングルサイズ、ダブルサイズ、セミダブルサイズがあります。また、長身の人や太っている人用には、ロングサイズやワイドロングサイズなどもあります。 ベッドを購入する際には前もって部屋の…

寝具の選び方

ベッドの種類

いろいろ登場してきたベッドの種類 ●フラットタイプ……ヘッドボードだけのハリウッドタイプやフットボードがついたヨーロッパタイプもあります。 ●キャビネットタイプ……ヘッドボードの部分に…

寝具の選び方

ベッドの中身

ベットの中身によって寝心地に差が出る ふだんはめったに見られないベッドの内部構造を知ることはベッド購入の際に役立ちます。 ベッドのクッション構造は次の2つに分類されます。 シングルクッションタイプ……1枚のマット…

寝具の選び方

質のよい眠りを得るためのベッド

ベッドは適度な硬さのものを選ぶ 世代によっては大多数の人がベッドで寝ているとの調査結果が出ているように、日本人の生活にすっかりベッドは定着しました。しかし、現在ベッドで寝ている人が、自分のベッドに満足しているかというと、そうともいえないよう…

寝具の選び方

古くなったふとんの処理したらいいのか?

粗大ゴミのうち約1割はふとん ふとんは、綿わたなら本来、10年以上使用することは不可能ではないのですが、独身女性を対象にした調査では、6年間たった時点で約70パーセントのふとんが廃棄されていると報告されています。 ふとんは使っているうちに起…

寝具の選び方

ふとんを収納するときに気をつけたいこと

押入れにしまうときは余裕をもたせて ほとんどの家庭では、ふとんを押入れに収納していますが、ふとんの収納場所として押入れが設けられるようになったのは、明治の後期から大正時代にかけてです。初めはふとんだんすのようなものでしたが、しだいにつくりつ…

寝具の選び方

ふとんの手入れのしかた

ふとんを生き返らせる天日干し 日本では昔からふとんを天日に干す習慣がありました。これは睡眠中にかいた汗で湿ったふとんを乾燥させ、平板になったわたを復元させるのによい方法です。 わたを乾燥させると、繊組閣にある空気が膨張するので、ふとん全体が…

寝具の選び方

ダニを寄せつけないふとんは

ダニやはこりがぜんそくやアトピー性皮膚炎などの抗原(アレルゲン)になるということがクローズアップされて以来、ダニに対する関心が非 常に高まっています。 ダニはやっかいな虫ですが、人間が地球に出現する前から存在する生物で、いわば人間と共存共栄…

寝具の選び方

合繊・綿・絹わたの特徴

軽さ・弾力性が合繊わたの魅力 合繊(合成繊維)わたには、さまざまな種類がありますが、主流を占めているのはポリエステルわたです。 ポリエステルわたの特長は軽くて、弾力に富んでいることです。 重さは綿わたの半分ですから、かさは約2倍になります。…

寝具の選び方


2 / 3123